物知りダイアリー http://www.labeillecreusoise.org Fri, 10 Jul 2015 06:25:34 +0000 ja hourly 1 http://wordpress.org/?v=3.2.1 有給消化に最適な温泉旅行 http://www.labeillecreusoise.org/2014/09/06/text-20140906/ http://www.labeillecreusoise.org/2014/09/06/text-20140906/#comments Fri, 05 Sep 2014 06:00:00 +0000 admin http://ec2-52-86-34-159.compute-1.amazonaws.com/labeillecreusoise-org/2014/09/06/text-20140906/ 有給消化に少し長めの休養期間を貰った場合、意外に困ってしまうのが休養期間の使い方です。普段忙しい生活を送っていると、いきなり休みを貰ってもどう過せば良いのか分からなくなってしまいます。そこでお勧めなのが旅行です。やることが分からずぼーっと過すにしても、旅先でなら無駄に時間を過したという後悔は無く、むしろ旅行の刺激が活力となって新たに仕事を頑張れるコンディションとなるかと思いますね。

しかしここで重要なのは、急な有給消化でいきなり旅館の予約が取れるのかという問題です。特に海外旅行はプランがしっかり決まっているので、突発な予約にはほとんど対応されません。ですのでお勧めなのは国内旅行という事になります。さらに仕事の疲れを癒したいと考えるのであれば、名湯名高い有馬温泉が良いかと思います。有馬温泉の露天風呂は、世界に名だたる日本の文化です。無計画な海外旅行をするよりかは素晴らしい休暇になるかと思います。

しかし有馬温泉といっても、大きな温泉街なので、どの旅館が良いのか迷ってしまうかもしれません。良い設備の整っているところを選びたいのであれば、「花結び」がオススメです。

こちら(有馬温泉の推奨サイト)から花結びのサイトを見ることができます。

]]>
http://www.labeillecreusoise.org/2014/09/06/text-20140906/feed/ 0
露天風呂のある温泉の魅力と注意点 http://www.labeillecreusoise.org/2014/08/25/text-20140825/ http://www.labeillecreusoise.org/2014/08/25/text-20140825/#comments Sun, 24 Aug 2014 06:00:00 +0000 admin http://ec2-52-86-34-159.compute-1.amazonaws.com/labeillecreusoise-org/2014/08/25/text-20140825/ 旅行好きにとってたまらない楽しみの一つなのが温泉ですよね。それを目当てに有名な温泉地を巡るのは国内旅行の定番でもあります。その中でも、開放感あふれる雰囲気が存分に楽しめるのが露天風呂です。

温泉ブームなどもあって、有名な場所ではもはや楽しめない人も出てきており、ガイドブックにも載っていないような秘湯を巡るのが楽しみで旅行をする人も増えているようです。整えられた施設では楽しむことができない、独特の雰囲気を味わえるのが秘湯の露天風呂の魅力なので、一度味わってしまうと病みつきになってしまうようです。

しかし、そういった場所にある露天風呂は、その反面施設が整っていないのでたどり着くまでが大変ですし、季節によっては体への負担が大きく、ヒートショックなどの心配もあります。

露天風呂の場合、それらを防ぐ対策には限りがありますが、せっかくの雰囲気を楽しむのですからできる対策はしっかりとやって、存分に開放感あふれる雰囲気を楽しんでしまいましょう。寒いのでたどり着いたらすぐに湯船に飛び込んでしまいたくなりますが、急激な温度の変化が危険なので、湯船に急に入らない、湯船から出ない、早朝、食事直後を避けるといった点を頭に入れておきましょう。

]]>
http://www.labeillecreusoise.org/2014/08/25/text-20140825/feed/ 0